東京ジェイズクリニック・院長大賀のブログ

その人の持つ潜在的な美しさを解き放つ。港区の若き美容外科医が綴る 「港区美容物語」

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

豊尻・ヒップアップ-脂肪注入による豊尻-

今回は脂肪注入による豊尻の症例を紹介します。

40代の女性で海外在住の方です。

このブログ、ホームページをご覧いただき当院へ御来院いただきました。

初診時(下の写真)両側ともお尻の中央の部分がくぼんでおり(特に右側のくぼみが左に比べ大きく)、かつお尻の下側と太ももの外側のふくらみにより全体的にお尻が垂れて見えていました。
バック(インプラント)では右側のくぼみが不自然に膨らんでしまう可能性が高かったため、脂肪注入によりお尻と足の形を整え全体的にバランスを良くしつつヒップアップの効果を出すことにしました。

fat+injection+1_convert_20130629114317.jpgfat+injection+2_convert_20130629114410.jpg

脂肪はバランスを見ながらお尻の下側や太もも全体から採り、ピュアグラフトを用いて脂肪の洗浄を行い、気になるくぼみの部分に脂肪注入を行いました。

下が術後の写真です。

fat+injection+3_convert_20130629114457.jpgfat+injection+4_convert_20130629114554.jpg

まだ術後1週間目の写真なので若干の内出血を認めますが、全体的なバランスの改善とヒップアップの効果が出ているのがわかります。

特に斜めからの角度から見ると術前・術後の変化がわかりやすいです。

fat+injection+5_convert_20130629134745.jpgfat+injection+6_convert_20130629134846.jpg


この施術は先月行ったものなのですが術後10日目でまた海外のご自宅にお帰りになりましたので、先日メールで1ヶ月目の経過をうかがったところ、経過は良好で術後タイトなスカートやパンツを履けるようになったとのことで、施術したこちらとしても大変うれしいお返事をいただきました。

ここで今回用いたピュアグラフトについて説明します。

■ピュアグラフトとは

ピュアグラフト豊尻術は、太ももや腹部から脂肪を吸引してヒップへ注入する、いわゆる「脂肪注入術」のひとつです。

この脂肪注入豊尻術にはさまざまな種類があります。
そして、実は、種類によってはトラブルが多いのも事実です。

・手術を受けたが、数ヶ月でサイズが元に戻ってしまった
・注入部位にしこりができてしまった

このようなトラブルが、従来の脂肪注入豊胸術ではよく見られます。
これは、「不純物が含まれたままの脂肪」を用いることが主な原因です。

脂肪吸引で採取した脂肪には、脂肪以外の水分、血液、死活細胞、老化細胞など、さまざまな不純物が含まれています。

この不純物は、「注入された脂肪が、しっかりと身体に根付き、自分の細胞となって生きつづけようとする働き」を阻害してしまいます。そのため、せっかく注入された脂肪は、定着することができず、体内へ吸収されてしまい、無くなってしまうのです。

そのため、サイズが元に戻ってしまうのです。また、不純物は、しこり(石灰化)の要因ともなっています。

ピュアグラフト豊尻術では、この不純物を取り除き、純度の高い脂肪細胞をヒップへ注入します。そのため、脂肪の生着率(定着する割合)が高まり、同時に、しこりのリスクを低減させることが可能です。

■しこり化を防ぎ、生着率を高める、ピュアグラフト豊尻術のメカニズム

ピュアグラフトは、特殊な2枚のフィルターで、脂肪に含まれる様々な不純物を取り除きます。1枚目のフィルターで細胞と液体を選別し、2枚目のフィルターで脂肪細胞のみを選別するという仕組みです。高性能なフィルターが選別・ろ過し、不純物を取り除き、生着率を高めます。

puregraft.jpg


ピュアグラフトで処理をした後も「幹細胞」は除去されず、常に一定の濃度で含まれています。


■さらに生着率を高める当院のこだわり

当院では、生着率をさらに高めるために、独自の「注入技術」を用いています。
大きくしたいからといって、大量の脂肪を一気に注入すればいいというわけではありません。風船とは違うのです。

形を整えながら少しづつ注入していくわけですが、当院では、脂肪を直径3mm以下の非常に小さな球状にして、放射状にまんべんなく注入するという方法を用います。これは、米国形成外科における権威Dr.コーエンに師事いただいた方法です。

この方法ですと、脂肪が一箇所に溜ることがないため、しこり化(石灰化)のリスクも防げますし、生着率も高まります。美しいヒップライン、豊かなハリも実現可能となりました。

(従来の注入方法は、脂肪をある程度の厚みで「溜める」ように注入するというものでした。そのため「脂肪溜まり」ができやすく、その部分がしこり化する可能性がありました)


ピュアグラフトは脂肪注入による豊胸で使用することが一般的には多いですが、このように豊尻の脂肪注入に使用することで脂肪の定着率を高めることができます。

バスト・ヒップに関するお悩みは、ぜひ当院へご相談ください。




| ヒップアップ、豊尻術 | 13:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。